Event is FINISHED

交流会3.0 -予期せぬ繋がりとアクションを創るこれからの交流 #1

Description
▶︎新イベントページのご案内
http://kouryukai3.peatix.com

誠に申し訳ございませんが、諸事情により
新たにイベントページを新設致しました。

既にお申込の方、またはこちらのページをご覧の皆さまには
上記の新たなリンク先をご確認頂きますよう、お願い申し上げます。
※お申込み済の方の申込みは、完了したものとして管理致します。

(2016.12.21 追記)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
“みんなごと”のまちづくり推進事業
「まちづくり・お宝バンク」取組提案者(※)と
地域のまちづくり活動の担い手等とが
広く交流する「交流会」を開催します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで、出会い・繋がる場として
名刺交換会や異業種交流会といった
ビジネス目的の交流会が生まれてきました(交流会1.0)。

そして最近では、名刺交換に限らず
ワークショップなどを通じて、価値や気付きを共有し
参加者同士が繋がる交流会が増えてきました(交流会2.0)。

一方で、交流会ばかりが増え
本当に生まれてほしいアクションが起こせているのか
という疑問も浮かんできています。

今回は、そんな「創り出す繋がりを生むには?」をテーマに
“繋がり/共創”の専門家をゲストに招いてのクロストーク
各分野での実践者たちを招いての事例紹介を行う分科会
そして全体での交流セッションを開催します。

新たな「繋がり」と「アクション」を紡ぐコトや
仲間を見つける交流会(交流会3.0)。

あなたにとって、本当に必要な出会いが見つかるかもしれません!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▶︎Special guest

安斎勇樹 (Anzai Yuki)
東京大学大学院 情報学環 特任助教

1985年生まれ。東京都出身。
東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。
博士(学際情報学)。現在は東京大学大学院情報学環で特任助教を務める。

研究テーマは創造性を引き出すワークショップデザイン。
研究活動だけでなく、子ども向けから企業向けまで
ワークショップをはじめとする様々な学びと創造の場作りを実践。

共著に『恊創の場のデザイン – ワークショップで企業と地域が変わる』(2014年)
『ワークショップデザイン論 – 創ることで学ぶ』(2013年)など。


中島 明(Nakashima Akira)
つなぐ専門家。コミュニティ&イベントプロデューサー

1976年生まれ。千葉市出身。
場づくりと関係構築を専門とし、人と人の”間”をつなぐ、共創型のプロジェクトを手がける。
会社員時代から、主婦を中心とした生活者コミュニティの構築・運営や
朝活や社会人向けセミナーなどの企画・運営に従事し、2010年独立。

現在は、イベント主催者向けコミュニティ「Event Salon」や
オトナ思春期をデザインするプロジェクト「オトハル」など”テーマコミュニティ”に関わる傍ら
地元・豊島区では、”地域コミュニティ”に関わりまちを楽しむトークイベント&パーティー
「としま会議」や「Code for Toshima」を企画・プロデュースしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▶︎Speakers

兼松 佳宏 (Kanematsu Yoshihiro)
京都精華大学

1979年生まれ。WebデザイナーとしてNPO支援に関わりながら
「デザインは世界を変えられる?」をテーマに
世界中のデザイナーへのインタビューを連載。
その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信する
Webマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり
2010年から15年まで編集長。

16年にフリーランスの勉強家として独立し
勉強空間をリノベートするプロジェクト
「everyone’s STUDYHALL!」発起者として
教育分野を中心に活動中。

著書に『ソーシャルデザイン』『日本をソーシャルデザインする』
連載に「空海とソーシャルデザイン」など。

ーー

椋田 亜砂美 (Mukuta asami)
サイボウズ株式会社
ビジネスマーケティング本部 コーポレートブランディング部 
チームワークブランディング プロデューサー

2006年に入社し、人事として採用や研修制度作りに従事。
自ら作った制度を活用し大学院に通学、修了後の2010年に広報着任。
社内広報、社外広報を担当し、2011年より現職。

2014年より、ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会にて
株式会社フューチャーセッションズ、株式会社イトーキとともに
「次世代リーダー フューチャーセッション」を開催。

「社会にインパクトを与え、日本を変える」チームを作る
全4回のワークショップを行い、同じ課題に対して一緒になって
アイデアを出し、関係性(=チーム)をつくり
できることからアクションを起こすプロジェクトを創出した。

ーー

タナカユウヤ (Tanaka Yuya)
株式会社ツナグム/京都移住計画

1984 年生まれ。滋賀県出身,京都在住。
京都を拠点に人と人、人と地域のつながりから
新しい事業やサービス開発を行う。

現在、起業支援拠点の運営を中心に
起業やスター トアップ支援,商店街の活性化
地域やまちをつ なぐ場づくりなど幅広く展開。
京都への移住を促進する「京都移住計画」は
全国各地への広がりを生んでいる。

”ローカルナイト”では、京都でイベントを通じて
全国のゆかりのある地域(人や場所)と出会い
ゆかりのある人たちでつながるコミュニティを創出している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●日時
2017年1月28日(土) 13:00-17:00 (12:00開場)

●場所
TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター
京都府京都市下京区仏光寺通室町東入釘隠町247番
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-kyoto-shijokarasuma/access/

●アクセス方法
 京都市営烏丸線 四条(京都市営)駅 6番出口 徒歩2分
 阪急京都線 烏丸駅 23番出口 徒歩3分

●定員:100名(先着順)  

●参加申込み:Peatixよりお申込みください

●参加費:無料 

●プログラムスケジュール
12:00 開場 / 交流タイム
13:00 はじまりの挨拶
13:15 ゲストトーク / トークセッション
    「創り出す繋がりを生むには?」

14:30 休憩

14:45 分科会セッション 3分科会
    (場/プログラム・支援サービス・デザイン)
    全体での小セッション

16:40 クロージングトーク
17:00 終了 / 交流タイム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●申込み及び問合せ先
電話/FAXでお申込みの場合は、氏名、所属、連絡先
交流会への参加の動機を明記の上、お申込みください

有限責任事業組合まちとしごと総合研究所(担当:東、井上) 
TEL:075-257-7871 FAX:075-257-7846 MAIL:office@machigoto.net

京都市総合企画局総合政策室創生戦略・市民恊働推進担当 
TEL:075-222-3178 FAX:075-212-2902
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ “みんなごと”のまちづくり推進事業について
京都のまちの様々な課題の解決を「ひとごと」とせず
市民と本市が共に「自分ごと」「みんなごと」と捉えて
協働するまちづくりを推進するため
広く市民の皆様から、京都がもっとよくなる
もっと住みやすくなる、まちづくりの取組提案を募集し
「まちづくり・お宝バンク」に登録・公開するとともに
提案の実現や市政への反映に向け多彩な市民力・地域力を
活かした、きめ細かなサポートを行っています。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-12-21 00:56:16
More updates
Sat Jan 28, 2017
12:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
京都市下京区釘隠町247番 Japan
Organizer
交流会3.0 -予期せぬ繋がりとアクションを創るこれからの交流
199 Followers